So-net無料ブログ作成

明日はbar YaYa ebisuライブですよ。

IMG_1402 2.JPG


久々に恵比寿でライブ致します。
関東方面の方々お時間ございましたら
是非、ご来場くださいませ。

9月8日(金)

bar YaYa ebisu
東京都渋谷区恵比寿1-12-7
三恵31ビル3F
03-3473-3113
オープン  19:00
¥2000 1ドリンク付

1  村瀬裕子  19:20〜19:50
2  竹村公成  20:00〜20:30
3  久木田恵一  20:40〜21:10
4  悠人  21:20〜21:50
タグ:bar YaYa ebisu
nice!(4)  コメント(0) 

bar YaYa ebisuライブのお知らせ。

IMG_1402 2.JPG


久々に恵比寿でライブ致します。
関東方面の方々お時間ございましたら
是非、ご来場くださいませ。

9月8日(金)

bar YaYa ebisu
東京都渋谷区恵比寿1-12-7
三恵31ビル3F
03-3473-3113
オープン  19:00
¥2000 1ドリンク付

1  村瀬裕子  19:20〜19:50
2  竹村公成  20:00〜20:30
3  久木田恵一  20:40〜21:10
4  悠人  21:20〜21:50
nice!(6)  コメント(0) 

真夏の西成で屍人のように昼寝

西成.jpg


かつてのクライアントさんが、東京から帰ってこられたので、大寅食堂Traveler’s Bar Osaka Tacos(大阪タコス)に行きました。その間にあいりん地区を散策しようとしたら、屍人のように昼寝をしている人に出会いました。バックパッカーが増え、街の雰囲気も変わってきたようですが、やはり西成はディープなところです。




Aretha Franklin-Amazing Grace
nice!(4)  コメント(0) 

パティ・ボイド(ミューズと名曲)

パティ.JPG


この世にミューズと言われる人は多いが、ロック界最高のミューズは、パティ・ボイドだと思います。ジョージ・ハリスンの妻でありながら、その親友エリック・クラプトンが、「いとしのレイラ」で口説き落としたというのは、あまりにも有名な話ですよね。当時、デレク・アンド・ザ・ドミノスのメンバー達は、この曲は、パティに捧げられたとすぐにわかったらしいですけど、パティも「悪い気持ちはしなかったわ」と後に語っています。ジョージもパティには「サムシング」を捧げていますし、クラプトンは、パティと結婚した後に「ワンダフル・トゥナイト」を捧げています。ロック史に燦然と輝く名曲をつくらせたパティという女性の存在は、それだけでも偉大であるとしか言いようがないと思います。私にもミューズと呼べる偉大な女性がいたのですが、凡人故、名曲がつくれなかったのが残念でなりません。



BEATLES - SOMETHING IN THE WAY SHE MOVES




いとしのレイラ [日本語訳付き] エリック・クラプトン




Wonderful Tonight [日本語訳付き] エリック・クラプトン
nice!(8)  コメント(0) 

ブラック・レイン

キリンプラザ.JPG


1989年、インド放浪の旅に出る前にはじめくんと観ました。はじめくんとはキリン会館の屋上ビアガーデンのバイトで知り合ったのですが、その後、取り壊されポスト・モダンなキリンプラザに建て替えられました。その在りし日を観れるのがブラック・レインです。インドのプリーで、はじめくんと「松田優作はこれで世界的なスターになるな」なんて話をしておりました。
また、開高健の本も持って行ってましたので、その素晴らしさも話題にのぼりました。ところが、帰国してみると松田優作は亡くなっているわ、開高健は亡くなっているわ、ベルリンの壁は崩壊していたわで、インド帰りにはきつい現実を突きつけられた感じになりました。リドリー・スコット監督は、当初東京で撮影する予定だったらしいですが、大阪に来てそのディープさに惹かれてロケを敢行したらしいです。今から考えると1989年は、時代の変わり目だったかもしれませんね。




THE MAKING OF "BLACK RAIN"
nice!(4)  コメント(0) 

「少年H」

少年H.JPG


今更ながら「少年H」を読みました。妹尾河童さんの自伝的小説でありますが、この本が出版された1997年当時は、熱帯アジアの旅にハマっており、どうも触手が動かなかったというか、野坂昭如さんの「火垂るの墓」で十分だという思いがありました。好奇心旺盛な少年時代の妹尾河童さん、いや肇少年の視点であの戦争を俯瞰させられるといかに愚かであったかということが実感できます。外国人が多く住む神戸という街、またご両親がクリスチャンであったという特殊な境遇が、この小説を興味深いものにしています。立花隆さんの「猫ビル」を描かれた妹尾さんの息子さんが、表紙を描かれていることも特筆すべくことだと思います。




少年H
タグ:妹尾河童

Traveler’s Bar Osaka Tacos(大阪タコス)BBQ

大阪タコス.JPG


大阪タコスのBBQに淀川河川敷まで行ってきました。さすがは、大阪タコス、半数くらいが外国人でした。皆さんに歌を披露すべくギターまで持って行ったのですが、係員に歌わないでくださいと言われ、結局歌うことはできませんでした。
それぞれが、ドリンク、フードを持ち寄ったわけですが、かなりの量と品質でした。




Eric Clapton, Steve Winwood - Presence of the Lord

安吉と沖縄(石垣島)へ行きます!

安吉.JPG


安吉が勤続20年のご褒美として、会社から20万もの旅行券を頂きました。それはそれでおめでたいことなのですが、一緒に行く人がいなかった為、私のところに話がまわってきました。なんでも安吉は一人で飛行機に乗ることができないそうで「竹ちゃん、一緒に行ってくれへんか?」と言われ、タダで行けるのであれば断る理由はありません。即答でOKしました。
というわけで、JTBに行ってきました。お互い沖縄本島には行ったことがあるので、今回は石垣島に行くことになりました。
竹富島には、強い憧れがあったので「首里」に続く、沖縄第二弾を今回の旅で、是非ともつくってみたいものです。




首里/七海りかby HYOTAN-YAMA Project
タグ:首里

弱り目に祟り目のはじめくん

高山1.JPG
高山2.JPG


2年ぶりに、はじめくんと会いました。この間彼は、歯槽膿漏が悪化して総入れ歯にし、台風の被害でカーポートやベランダの波板が、全て剥がれてしまい、その修理中にヒアリではなく普通のアリが目に入り、毒を出した為、失明しかけた。挙げ句の果てには、酔っ払った上に睡眠薬を飲んだ為、足元がフラフラになり、洗面所のガラスに突っ込み、顔面に17針も縫う怪我をし、2リットルの流血をした為、危うく死にかけました。そんな恐ろしい話を肴に呑むなんて、若いときには考えられないことで、我々もつくづくおっさんになったなと感じるのでした。いや、もうこれは老人の域の話です。




James Brown and the Original JB’s

渋谷でリアルマリオカート

マリオカート.JPG


道玄坂で初めてリアルマリオカートに出くわしました。突然のことだったので、あまりうまく撮れてませんが、外人さんが楽しそうに乗ってました。まあ、これも備忘録としてブログに掲載しておきます。