So-net無料ブログ作成
検索選択

「カルカッタ発 ニューヨーク行き 1989/1999」No.84

「名もない駅で」

我々は次の停車駅で飛び降りた。とりあえず駅長室へ向かいステーションマスターに事情を説明すると「君たちはラッキーだ。27時間遅れの汽車が、3時間後にやってくるので、それでデリーへ行ける」と平然と言うのである。私は安堵したと同時に次の質問に耳を疑った。「ところで君たちはインド人かね?」そうなのである。こんな田舎の名もない駅では駅長といえども外人を見るのは初めてみたいなのである。「日本人ですよ」と答えると「アメリカにあるのか?」というちんぷんかんぷんな質問をされる。何はともあれこれでデリーへ行けると思うと急に笑いがこみ上げて来た。この旅でするべきことは全てしてしまったんだ。長い旅だったが、こんな田舎の名もない駅で旅の終わりを実感したのである。

「カルカッタ発 ニューヨーク行き 1989/1999」第一部 完
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。