So-net無料ブログ作成

「カルカッタ発 ニューヨーク行き 1989/1999」No.83

「振り出しに戻るのか?」

アグラーからデリーまで特急で2時間半の距離。11時アグラー発の列車が1時間遅れで入って来た。いつものように人をかきわけ荷棚の上の席を確保。これで一安心と本でも読んでくつろごうとしているとインド人達が「その席は予約してあるから降りろ」と、とんでもないことを言って来る。しばらく日本語VSヒンディー語で言い合いしてると何となく我々の方が分が悪いということが分かって来る。「どこに行くのか?」「デリー」と答えると車内の緊張は一気に溶けた。「カルカッタのハウラー行きだよ」とインド人達が笑い声で声をかけてくる。そうなのだ、我々は逆方向の列車に乗ってしまったのである。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0