So-net無料ブログ作成
検索選択

「カルカッタ発 ニューヨーク行き 1989/1999」No.79

「約束の地」

これを書こうかどうか迷ったのだが、私がインドに来る最大の目的であるので書く事にする。この旅の3年前に父は自殺した。電気コードを胸に回して壮絶な最期を遂げたのである。その自殺の道具をガンガーに納める事が私をインドへ駆り立てた最大の要因である。ダサシュワメード・ガートから小舟に乗って対岸の中州へたどり着くとひとりのサドゥーが、まるで全て分かっているとも言いたげに待っており、そっと私の額にビンディーをつけてくれ厳かな儀式の後、私はその電気コードをガンガーに流したのである。私の旅の目的は、この約束の地で果たされたのである。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。